トラブルに巻き込まれたら、自分で解決せずに専門家に相談を!

トラブルに巻き込まれたら、自分で解決せずに専門家に相談を!

弁護士へ相談ってどうするの?

生活していると、突然びっくりするようなトラブルに巻き込まれることもあります。自分一人で解決しないで、専門家へ相談することも大切です。弁護士の相談料は事務所によってまちまちですが、概ね30分5000円程度です。メールや電話での無料相談を受付している弁護士事務所もあり、仕事が忙しく事務所に訪問できない人も、安心して利用できます。やっぱり対面で相談したい人は、市役所などで法テラスによる無料相談がお勧めです。平日のみになりますが、30分無料で相談できます。


いざ相談する、その前に

いざ、弁護士に相談するときは、前準備がとても大切です。有料無料の相談でも30分区切りです。この30分で自分に何があったのかを理解してもらい、適切な回答を貰うことはとても困難です。相談に行く前には、何が起こったのか、自分はどのような解決を望んでいるのかを、紙に書き出し繰り返し読みましょう。繰り返し読むことで、忘れていたことを思い出したり、また気持ちの整理が付いたりすることもあります。30分という時間を有効に使うために、自身のことを理解するのが重要です。


お金が無くても諦めないで

弁護士に依頼すると、着手金といって最初に支払うお金が必要です。着所金は依頼する内容にもよりますが、概ね20万~40万で、一括支払いが基本です。そんな大金を一括では払えない人は、法テラスがあります。申込みには審査がありますが、法テラスに着手金や諸経費などを立て替えてもらい、利用者は分割で支払うことができます。調停や裁判になると解決するまでに、相当の時間がかかります。その長い時間を一緒に戦ってくれる弁護士を探しましょう。



弁護士保険は個人の方が加入できる弁護士を雇うための保険です。大きな事件などに巻き込まれてしまった場合、多額の弁護士がかかってしまいます。それらの費用を保険で賄うというのがこの保険の特徴です。