過払い金がある場合の自己破産!他の方法で解決できる可能性も?

過払い金がある場合の自己破産!他の方法で解決できる可能性も?

自己破産する場合にも過払い金は清算される?

弁護士に債務整理の依頼をすると、過払い金がある場合には必ず過払い金の引き直し計算が行われます。その結果、過払い金を引き直し計算すれば借金が無くなる場合には債務整理を行なわずにすみます。自己破産を考えているほど追い詰められている人は、過払い金を計算しても借金が残る場合がほとんどでしょう。しかし、過払い金を引き直し計算すれば借金は減りますので、残った借金の金額次第では自己破産ではなく任意整理などで解決できる可能性があります。


自己破産と任意整理の特徴

自己破産しなければならないと思っていたのが、任意整理で解決できることになればどのようなメリットがあるでしょうか?自己破産では借金がすべてゼロになるので、一見すると自己破産の方が得をするように思えます。しかし、自己破産ではいわゆるブラックリストにおよそ5年~10年もの長い間載ってしまいます。任意整理では5年でブラックリストの情報は消えます。まだ若い人は住宅ローンが組めなくなって人生に大きな影響が出てしまうでしょう。なにより、「借りたお金は返す」のが常識ですので、任意整理で解決したほうが後になって後悔をせずにすむかもしれません。


連帯保証人がついている場合には大変なことになる?

借金に連帯保証人をついている場合に自己破産をすると、必ず連帯保証人に迷惑をかけます。自己破産ではすべての借金を対象とするので、例えば学生時代に奨学金を借りていた人は、奨学金も免責されます。その結果、奨学金の連帯保証人になっている親や親族へ残高が一括請求されることになります。なぜ一括請求がされるのかというと、自己破産は重大な違反行為ですので、多くの場合に期限の利益を失うことになります。期限の利益を失うと、分割払いの権利を失いますので、残高を一括で返済しなければならなくなるのです。任意整理なら対象を自由に選べますので、連帯保証人に迷惑をかけずに解決することも可能です。



自己破産は全ての財産を手放すことで借金が無くせるので、返済が出来なくなった場合には弁護士などに依頼をして手続きをする必要があります。